川西市 多田駅 徒歩7分 新築一戸建て分譲

新規分譲 情報

価格 2680万円~2980万円

所在地 川西市新田1丁目 

平坦地 便利な立地です。sinden1

南東の角地物件 日当たり良好です。

sinden1-b

2戸限りの分譲です。

仕様

基礎 鉄筋コンクリートべた基礎。高い断熱と機密性能のアクアフォーム吹き付け断熱。全窓LOW-Eガラスペアガラス窓。

16~18ミリ厚の外壁サイデイングボード仕上げ。

通常の耐震構造+制震ダンパーを要所要所に採用。大幅に性能アップすることができました。

他、しっかり構造と軽量瓦葺きも選べます。

詳細はお問合せフォームより資料請求、ください。

伊丹市JR伊丹駅 徒歩9分 広い公道に面した売り土地

土地面積 97.26㎡

itami-morimoto01-160morimoto1-tochi

現在建物解体中。H28年5月末ごろ更地になる予定。

価格 1880万円

新築プランで 土地+建物 価格 3280m万円

ショッピングたうんイオンまで徒歩8分程度。すぐそばにはジャパンもあります。店舗も可能の立地です。

間口も広く車の一時停止もいやすい道路状況。

新築プラン

itami-zyutaku

フリープランです。いかなるご要望にもお応え(見積もり)いたします。

 

小家族の住宅購入と収益の考え方

sinden1-1fsyueki+2f-zyutaku.eszベリタス004sinden1-500

少人数の家族で住宅購入の際、一部を有効利用(収益を生む)考え方。

例えば右のような住宅を新築する。

1階を1DKアパートとして賃貸にする。このプランの場合2戸(賃料5.5万円/月×2で11万円の賃料収入)賃貸として、毎月11万円の収入を得る。

住宅ローンは建て延べ面積の半分以上が住宅(自己の居住用部分)であることが貸し出しの条件であるのでそれらをクリアする必要があります。

川西市新田1丁目

能勢電鉄 多田駅 徒歩7分。

平坦な立地で南、東の角地。小学校も近く、お買い物も8分イズミヤ、ダイエー15分位。

すぐ近くにベリタス病院もあり、70~80人の職員がいらしゃるので収益部分の入居者としても期待ができます。

土地225平米付(有効約195平米)。価格4200万円(概算)。

住宅ローン借り入れ 4000万円で返済約113000円。(変動優遇金利利用利息1%、として35年返済の一例)

 

 

 

中古一戸建てのよさ

近年は中古一戸建ての人気が高まっています。
若い夫婦を中心に、新築よりも中古一戸建てを選んでリフォームやリノベーションをするという傾向が高まっています。

 

中古一戸建ての良さは、新築よりも平均1000万円以上も安いということがあげられます。
取得費用が新築よりも安いので、リフォームやリノベーション費用を加えても新築より安く済ませることができます。

 

リフォーム技術は進化していますから、家の土台さえ問題なければ新築と同じような美しい仕上がりになります。
住宅取得費用が安いということは、ローンを組んだ場合にも毎月の支払額の負担が少ないということがあげられます。

 

その分、他の家具購入費用などに充てられるのでお得です。
また、中古住宅は新築と同じ値段でも敷地や建物が大きく、居室にゆとりがあるので、子育て世帯や高齢者と同居する場合にもゆったり暮らせるのが魅力です。

 

どうしても便利な場所から先に家が建ちますから、新築よりも中古一戸建ての方が生活環境に便利な場所に家が建っているので、入居後も快適な暮らしをおくることができます。

結露を放っておくと?

寒い季節になると、窓や玄関ドア、場合によっては壁などにも結露が見られるようになります。

結露は、室内と室外の温度差で起こる現象です。

たとえば、玄関ドアの下側の隙間から冷たい空気が室内側に入り込んだり、窓枠のサッシの下側の隙間から同じように冷たい空気が室内に入ったりすることによって、玄関ドアの内側や窓の内側の枠やガラス面なびっしょりと、まるで汗を掻いたかのように水滴がつく現象が起こります。

そのように室内と室外の気温差が大きければ大きいほど、水滴の量は増えて、場合によっては玄関のたたきや、サッシのレールなどに溜まった水的な流れを作ることもあります。

そういったことが繰り返して起こると、それらの近くにある壁紙がはがれたり、カビが生えていたりすることも起きる可能性があります。

また、結露に因る水滴が壁などにも広がると、壁を背にして置いてある家具などの裏側にもカビが発生することがあるのです。

それを防ぐためには、エアコンや除湿機などを使って室内の除湿をするように心掛けるなどの、湿度の管理が必要になります。

リフォームのメリット・デメリット

お気に入りの住まいを手に入れて生活していくことができたとしても、建物と言うのは劣化していくものです。
また、子どもの成長などによって状況が変化していき、生活がしにくくなって、不満が出てしまうこともあるでしょう。

こういった時に便利な対処法と言えばリフォームです。
リフォームの良いところは、何と言っても愛着のある家を壊さなくてもいいと言うところです。
建物全体の形が気に入っていたり、間取りが気に入っている時には、その部分を維持しつつ、状態を整えたり、雰囲気をガラリと変えたりすることができますから、とても便利なわけです。

また、予算に合わせて、リフォーム内容を選択できると言うのも便利なところです。
少ない予算で同じような効果が得られるプチリフォームと呼べるような方法もあります。
限られた予算の中で色々な手段を考えていくのも楽しくて良いものです。

なお、リフォームのデメリットに、建物の補強を加味した場合、料金がかかり過ぎてしまうことがあると言うものがあります。
ですから、築年数などを考えながら、適切な対応をとっていくことが必要です。

家で健康に暮らすための条件

住まいと言うのは、物件によってかなり環境が異なりますから、きちんと違いを把握して、自分に合った物件を選ぶことが大切です。

なお、健康に暮らすことを重視する場合には、家全体に不快な温度差がない事が条件となります。
一つの部屋で過ごしていて、違うスペースに移動した時に、温度差が激し過ぎると、身体が驚いてしまい、体調を崩してしまう恐れがあります。
ですから、なるべく激しい温度差がなく、家全体の温度差のバランスが良い環境で生活できると良いものです。

なお、こういった住まいで生活することができると、夏にエアコンに頼り過ぎなくて済む事もあります。
部屋ごとの温度差が激しいと、移動した時にすぐに汗をかいたりして息苦しくなり、エアコンをつけずに過ごせていた部屋に戻った時に、エアコンをつけなくてはならなくなる場合があります。
温度差のバランスが良ければ、移動する度に体感温度が変化しませんから、こういった無駄な電力の発生を抑えることができるようになって経済的だと言えます。

デザインや広さにばかり気を取られていると、こういった部分は確認し忘れてしまうことがありますので、注意しておくと良いでしょう。

今更聞けないシックハウスについて

最近の新築住宅は、冷暖房の効果をより高めるために、高気密、高断熱の物が増えてきています。

断熱効果が高い住宅は、外気の温度変化に室内の温度が左右されないため、暑い時期も寒い時期も快適に暮らすことができます。
また、これによって光熱費を節約することができるなど、多くのメリットを得ることができます。

しかし、住宅を高気密化することや、断熱性を高めることによって、シックハウスの症状を引き起こしてしまうことがあります。

断熱性の高い化学物質を使用した建材を用いて住宅をつくるため、残留した化学物質が人体に影響を与えることがあります。

そのため、高気密や高断熱の住宅では換気扇を設置して室内の空気の循環を促す必要があります。

しかし、シックハウスはこうした建材の化学物質だけでなく、家具に使用された化学物質や、ダニやカビ等によっても引き起こされることがあります。

特に小さな子供がいる家庭では、こうしたシックハウスの原因となる要素により注意をする必要があります。

日常的にまめに掃除をしたり、換気を積極的に行なうなどの他、自然素材の建材を使用してリフォームするなども効果的です。

家計簿をつけるメリット

快適な暮らしをしていくために大切なこと言えば、どれだけ上手くお金を使っていくかです。
光熱費を節約したり、食費を節約するなど、心がけるべきことはたくさんありますが、効率良く生活していきたい時には、家計簿をつけると良いものです。

家計簿をつけるメリットは、何と言っても計画的にお金を使うようになると言うことです。
家計簿をきちんとつけていれば、自分たちが日々どのぐらいお金を使っているのかが、すぐに分かります。

何かお金が予定が控えている時には、それに合わせてお金を使わなければならなくなることもあるでしょうが、家計簿で状況を把握すれば、計画的な行動をとりやすくなるものです。

また、光熱費がかかり過ぎていることが分かれば、その原因を見つけ出して、ムダを減らせるようになります。
これは、食費に関しても同じで、食費がかかり過ぎていることが分かり、外食が原因だと分かれば、外食に行く回数を減らして節約することができます。

銀行の通帳と財布の中身など、大まかな部分だけでは自分の生活の仕方はなかなか見えてこないものですが、家計簿であれば詳細が分かりますので、対策を立てやすくなります。